今や冠婚葬祭に欠かせないカタログギフト!その基本情報を分かりやすく解説

当サイトは今や冠婚葬祭に欠かせないカタログギフトの、基本情報を分かりやすく解説しています。
贈り物を選ぶ際にギフトカタログにするかどうか迷っているのであれば、ぜひ参考にしてみてください。
カタログのギフトは魅力的な商品でいっぱいです。
貰った人をきっと楽しませることができます。
そのようなカタログのギフトを決める際の注意点は多くの人が気になることと思われますが、このサイトでは選び方のポイントにも触れているのでおすすめです。

今や冠婚葬祭に欠かせないカタログギフト!その基本情報を分かりやすく解説

身近な相手やあまり親しくない人まで、お祝いや内祝いの品物を贈る場合には何を贈れば良いか迷うこともあるでしょう。
そのような場合にはカタログギフトを選ぶのも1つの方法です。
カタログギフトはまず相手にカタログを贈り、そして贈られた人がカタログを見て自分の欲しいものを選んで受け取ることができるというギフトです。
自分の好みに合ったものを選ぶことができるので、要らないものを贈ってしまうということがありません。

カタログギフトの注文方法はそれほど難しくない

ギフトにも多くの種類がありますが、すべての人に喜ばれるギフトを用意することは簡単ではありません。
せっかく贈ったものが相手の好みに合わない、実際に使われないということは避けたいものです。
誰にでも喜ばれるギフトを贈りたい場合は、カタログギフトを用意することも考えてみましょう。
カタログギフトであれば、カタログを受け取った人が豊富な商品から好きなものを選ぶことができます。
カタログの注文方法も知っておきたいところですが、それほど難しいものではありません。
まずは、カタログギフトを提供している業者のサイトをチェックしてみましょう。
サイトには多くのカタログが用意されているので、どのような商品になるのか、価格帯なども比較して好みに合うものを選びます。
その後は、部数などを入力すれば必要な数のカタログを用意することができます。
カタログギフトは、ネットから注文できることはもちろん、電話やファックスに対応しているところもあります。
注文方法が分からない場合は、メールや電話で問い合わせてみると良いでしょう。

カタログギフトっていつからあるの?

現在でも定番の贈り物の1つとして活用されているカタログギフトは、いつからあるのか気になるものではないでしょうか。
カタログギフトの歴史は1980年代にまで遡り、1987年にギフト販売会社で大手のシャディが取り扱いを始めたといわれています。
ギフト通販のカタログビジネスの開始が1971年のことですから、実に約50年の歴史があることが分かります。
冠婚葬祭にお中元やお歳暮など、日本の行事に合わせて商品を厳選したり掲載を行ったことで、一気に認知され定着するようになったと考えられます。
商品を直接贈る必要がないので、相手の都合に合わせる手間がなくなり、また受け取る側も自分の好みで欲しい物が選べるメリットが得られます。
カタログギフトが定着して一般的になり始めたのは、1980年代の後半頃とされています。
このように、カタログギフトに目を向けると改めて実績というものに驚きますし、長年にわたって贈り物の悩みに寄り添い解消してきたといえるのではないでしょうか。

カタログギフトの種類を見ていこう

選べる楽しさがあり貰って嬉しいカタログギフトは、お祝いのお返しピッタリのアイテムです。
出産や結婚の内祝いなどにも適しています。
とはいえ一口にカタログギフトといっても、その種類には様々なものがありどれも同じというわけではないのが特徴です。
選ぶ際には用途や相手の好みにあった品物が掲載されているカタログギフトを選ぶことをお勧めします。
中でも最も多いのは、総合カタログと呼ばれるものです。
これは食器やファッション、食べ物など幅広いジャンルのものが掲載されているカタログです。
ページ数が多く、種類が豊富にあるので色々なジャンルから選んでもらいたい場合に向いています。
またグルメのカタログギフトもあり、こちらは食べ物や飲み物だけが掲載されているカタログです。
グルメが好きな人へのギフトにピッタリでしょう。
これらのほかにこだわりのショップやブランドの製品のみを掲載したカタログなどもあります。
相手の好みに合ったものを選ぶのがおすすめです。

カタログギフトの金額は最高でどれくらい?

結婚式の引き出物として利用する事が多いアイテムに、カタログギフトを利用している場合がとても多くあります。
カタログの中から招待客は好きな商品を選ぶ事ができるので、不要なものではなく必要な物を選べるのが大きな魅力です。
種類niは結婚式用でブライダル用の他、香典返し用にお葬式でも活用される場合もあります。
お祝いなどをいただいた時のお返しなどで活用する事もあり、様々な場面で利用できるのが魅力です。
カタログギフト自体は千円からと手軽に利用でき、価格によって選べる商品も違いが出てきます。
三千円や五千円と手ごろな価格帯から、一万円や三万円など高額なタイプなども選ぶ事が可能です。
種類によっても多少違いはありますが、最高額となると10万円以上から選ぶ事ができるカタログギフトもあります。
お礼のお返しだけでなくお祝いで贈る際など、様々な場面にあわせてカタログの価格帯も選びやすくより自由度の高い贈り物として活用する事が可能です。

カタログギフトに関する情報サイト
カタログギフトの基本情報

当サイトは今や冠婚葬祭に欠かせないカタログギフトの、基本情報を分かりやすく解説しています。贈り物を選ぶ際にギフトカタログにするかどうか迷っているのであれば、ぜひ参考にしてみてください。カタログのギフトは魅力的な商品でいっぱいです。貰った人をきっと楽しませることができます。そのようなカタログのギフトを決める際の注意点は多くの人が気になることと思われますが、このサイトでは選び方のポイントにも触れているのでおすすめです。

Search